【ロボアドバイザー】楽ラップの26ヶ月目の運用実績!

投資・価値経済
スポンサーリンク

どうも、たむぽよです!

皆さん、資産運用ってしていますか?

今は昔と違って銀行に預けているだけではお金が増えない時代ですよね…

なので僕は資産運用を始めたんですが、自分で銘柄の割合やリバランスなどを考えて運用するのはちょっと面倒…

そこで、いくつかの質問に答えることで、自分にピッタリな資産運用方法を提案してくれ、資金を入れることによって自動運用してくれるロボアドバイザーの楽ラップを実験的に利用しています♪

これから始めようか悩んでいる方の参考になればと毎月の運用実績を報告していきますね♪

他の資産運用の運用実績を見たい方はこちら↓

ウェルスナビの運用実績

テオの運用実績

積立NISA運用実績

iDeCo運用実績

eMAXIS Slimシリーズ運用実績

スポンサーリンク

資産運用中のロボアドバイザー、楽ラップをザックリ説明!

たむぽよ
たむぽよ

楽ラップを知らない方もいると思うのでザックリ説明しますね♪

楽ラップは楽天証券で運営しているロボアドバイザーです。

質問に答えることで自分に合った運用コースを提案してくれますよ♪

そして自動で銘柄を選び、積立し、リバランスもとってくれるので、ほったらかしで資産運用ができて初心者にオススメです♪

僕は、質問に答えてリスクが下から2番目をオススメされましたが、一番リスクの高い5で運用しています。(TVT機能はありにしました。)

また、楽ラップは運用する際に最低投資金額が10万円からで手数料が2種類あり、固定報酬型と成功報酬型があります。

固定報酬型は毎月、運用残高に一定の比率をかけた手数料を払うタイプで最大年率0.702%。

成功報酬型は固定報酬の最大年率0.594%+運用益の成功報酬5.4%という仕組みです。

あと楽ラップは、他にはない下落ショック軽減機能(TVT機能)も使うことができます。

下落ショック軽減機能とは?

株式市場の値動きが大きくなり、その状況が継続すると見込まれる場合に、一時的に株式の投資比率を下げ、債券の投資比率を上げることで、資産全体の値動きのブレを軽減するための機能です。

引用:楽ラップHP

注意点:楽ラップは出金が遅い

楽ラップは、いくつかあるロボアドバイザーの中でも出金までの期間が遅いです。

ロボアドバイザーでメジャーなウェルスナビやテオは最短3営業日なのですが、楽ラップは10営業日以内となっています。

お金が必要な方は、早目に出金申請していた方がいいですね。



26ヶ月目!ロボアドバイザー、楽ラップの運用実績!

たむぽよ
たむぽよ

それでは2020/4/1現在までの運用報告をしますね!

楽ラップは2018年2月から始め、現在20万円ほど運用しています、(現在は積立していません)

26ヶ月目は、-19,884円

25ヶ月目は、-3,269円

24ヶ月目は、+12,404円

23ヶ月目は、+14,419円

22ヶ月目は、+10,658円

21ヶ月目は、+6,228円

20ヶ月目は、+15円

19ヶ月目は、-6,495円

18ヶ月目は、-1,390円

17ヶ月目は、-3,898円

16ヶ月目は、-10,220円

15ヶ月目は、-606円

14ヶ月目は、-5,358円

13ヶ月目は、-6,239円

12ヶ月目は、-10,935円

これ以前の運用実績は、ブログを始める前なので記録していません…



まとめ

いかがでしたか?

マイナスの月が多いですよね…

これは積立していないので、リスクの分散があまりできていないからです。

楽ラップは実験的に投資してみただけなので、この先どう変わっていくのか気長に見ていこうと思います♪

実際にやってみようと思う方は、長期間積立運用がオススメです♪

そうすることで、マイナスになるリスクも減ってくるはずですし♪

資産運用をやってみたいけど、ちょっと怖い、めんどくさいって方も、ロボアドバイザーならほったらかしで高度な運用ができるので初心者にオススメですよ♪

興味のある方は試してみてくださいね♪

たむぽよ
たむぽよ

また、来月も報告しますね♪

投資・価値経済系の記事をもっと読む