体幹、バランス、集中力!ウエストや脚のシェイプアップまで!?スラックラインでトレーニング!

スポーツ
スポンサーリンク

どうも、たむぽよです!

皆さん、バランス感覚はありますか?

子供の頃は縁石の上などで、バランスを取りながら歩いていませんでしたか?

僕はよく道路と歩道の境目の縁石を歩いて、よく怒られてました(笑)

大人になると、やらなくなりますよね。

今日は、僕がクライミングのトレーニングでも使用している、スラックスラインの紹介をしますね♪

スポンサーリンク

スラックスラインとは

僕の通っているクライミングジムのオーナーいわく、昔はクライミングのオフシーズンのトレーニングで体幹やバランス感覚、集中力を鍛えるために綱渡りをやっていたのが始まりだそうです!

現在はそれが発展し、木と木などの間にベルト状のラインを張り、その上を歩いたり、技をしたりするスポーツとなりました。

簡単に言うと『綱渡り』をスポーツにしたやつですね♪

今では世界大会も開かれるくらいのスポーツになっています!

ちなみに、これがワールドカップ選手の技です!ご覧あれ!

凄いですよね!

歩くだけでも難しいのに、飛んだり跳ねたり、回ったり!

いったい、どんな体幹とバランスが備わっているのでしょう(笑)

どんなトレーニングになるか

先ほども書いたように、体幹やバランス感覚、集中力のトレーニングになります!

最初は数秒立つだけでも難しいです!

足がプルプル、ガクガクしますよ!笑

まるで、生まれたての小鹿のように(笑)

クライミングで鍛えていたので、こんなの余裕だろって思っていましたが、正直ここまでできないものなのかと焦りました!笑

初めてのトレーニング後は、お腹周りと脚の疲労感が凄かったです(笑)

かなり鍛えられている感じですね!

あと、スラックラインは体幹が鍛えられるのでウエストのシェイプアップ、バランスの悪いところに立つため脚に力が入り、脚のシェイプアップにもなるので女性にもオススメですよ!

バランスをとるために集中してしまうので、かなり夢中になります!

ちなみに、この上でバランスを取りながらヨガをする人もいるらしいですよ(笑)

すごいバランスですね…とてもマネできません(笑)

スラックラインの取り付け方

スラックラインは木と木の間に取り付けるなどして設置します。

それではやってみましょう!

まず僕が使用しているのはこれです!

箱から出すと、ベルトが二つ入っています。

一つはただのベルト、もう一つはラチェット付きのベルト。

どちらのベルトからでもいいので、柱となる場所にストラップの紐を通すような感じで通します。

この時に通す部分を二つ折りにします。

ちなみに、歩くだけならベルトの高さは50㎝くらいの位置に設置で大丈夫です♪

これを反対側の柱となる部分に取り付けたら、下の画像の右側にベルトを通します。

こんな感じに、ベルトに捻じれがないのを確認しながら通します。

ベルトを通したら引っ張れるところまで引っ張り、ラチェットのロックを外します。

赤丸のハンドルを矢印の方向に引っ張るとロックが解除され、ラチェットを動かせるようになります。

こんな風に。

この解除されたハンドルを上げ下げすることでベルトが巻かれていき、ベルトを張ることができます!

張れるところまで、張ったら画像のようにハンドルを戻し、必ずロック状態にしましょう!

張り終わった状態がこれです。

これで歩くことができますよ♪

※職場で張ったのでモザイク多くてすみません(笑)

今度は外し方を教えますね!

先ほどのロック解除のレバーを引っ張りながら下の画像のように、リリース状態にします。

あとは、ベルトを引っ張れば取り外すことができますよ♪

ちなみに木に巻くときは、木を保護するためにツリーウェアを巻き保護してあげましょう!

また、設置場所がないよ!っていう方は、このような簡単に設置できるのもありますよ♪

ただ、値段が高すぎるので買うなら自分で作ったほうが絶対安い!笑

それに、そこまで難しい作りじゃないですしね♪

スラックラインの歩き方

設置したら早速やってみましょう!

初めてスラックラインをやる方は、最初は歩くのが困難です!

なので、上に立つことから始めましょう!

両手をあげてバランスを取ると安定しやすいです。

両足で立てるようになったら、片足で立ち、ある程度片足に慣れたら一歩ずつ歩いてみましょう!

だんだん歩けるようになってきますよ!

あと、裸足でやると足の感覚がつかみ易いです!

初めてやる際は、動画を撮影するとプルプルしている姿に笑えるのでオススメです(笑)

まとめ

いかがでしたか?

少しスラックラインに興味出ましたか?

最初は全然歩けなくて、悔しくなり何度も挑戦し気づいたら夢中になります(笑)

みんなで笑いながらできるので、とても楽しいですよ♪

運動不足の方や、お子さんにオススメです♪

機会があれば是非チャレンジしてみてくださいね!

スポーツ系の記事をもっと読む


コメント