【クライミング】初心者クライマー必見!あると助かる便利グッズの紹介!!

スポーツ
スポンサーリンク

どうも、たむぽよです!

これからクライミングを始めようとしている方や始めたばかりの方、クライミングに必要な道具ってどのくらい揃えていますか?

クライミングシューズやチョークはクライミングジムで借りれたりするので、動きやすい服装で行けば登ることができますが、通い始めるとこういうのもあると便利だなと感じるものが出てくると思います!

ということで、今回はあると助かる便利グッズを紹介しますね!

まだクライミングを始めてない方はこちらを読んでね↓

スポンサーリンク

クライミングであると助かる便利グッズ

それでは、早速便利グッズを紹介していきますね♪

クライミングやっていると地味にあると便利だなと感じるグッズです♪

爪切り

クライミングしに来たはいいが、爪を切るのを忘れた!!

ということ結構あるんですよ!

爪が伸びたまま登ると最悪の場合、剥がれることもあります…

特に爪が伸びている時はカチホールドの薄いやつが危険なので、切るのを忘れたときの為に爪切りを一つ準備しているといいと思います。

液体絆創膏

登っている時に爪に負荷がかかり、爪の先端と皮膚の境目が裂けることがあります。

こうなると地味に痛いんですよね…

裂け目にチョークも入ってきますし…

でも液体絆創膏があれば一時凌ぎができるので、応急処置として使えます♪

ちなみにアロンアルファで接着する人もいますがオススメしません(笑)

バンドエイド キズパワーパッド

登っていてホールドを取りにいこうとした時に、別の課題のホールドが邪魔で腕などを思いっきり擦り剥くことがことがあります…

これも結構痛いんですよね…

そんな時は、バンドエイドのキズパワーパッドがあると便利です♪

水にも強く、キズを早く治し、傷跡も残らない!!

値段は高いですがかなり使えます!

傷跡を残したくない女性クライマーにオススメです♪

Climb On(クライムオン)ハンドクリーム

連日クライミングをしていると、指皮がヒリヒリして登るのが辛くなってきます。

初心者は特に指皮が柔らかいので痛くなりやすいです。

そんな時はこのクライムオンを使うと皮膚が早く再生します!

ただ効果はありますが、ベタベタするので寝る前に使用した方がいいです。

詳しく知りたい方はこちらも読んでね↓

テーピング

クライミングをしていると、手首や指などを傷めることがあります。

しかし、痛くても登りたいというのがクライマー(笑)

そんな時はテーピングを使いましょう!

ある程度固定してしまえば我慢できると思います!

テーピングの幅は色々ありますが、僕は手首は25㎜、指は12㎜を使用しています!

レーザーポインター

クライミングに慣れてくると、仲間内で課題を作ってセッションすることがあると思います。

そんな時はレーザーポインターがあると課題のルートを教えやすいので便利です♪

ソフトランドリーバスケット

クライミングジムにはロッカーがないところもあります。

そんな時に便利なのがソフトランドリーバスケット♪

着替えなどの荷物をまとめて入れられて、ジムから帰る時は汚れた服を入れてそのまま洗濯機へ♪

ブラシ

クライマーなら持っている方は多いと思いますが、ブラシは必要です。

ホールドにチョークが沢山付くとフリクションが悪くなって、持ちにくくなります。

落したい課題がある時は、ブラシで綺麗にしてから登りましょう♪

液体チョーク

液体チョークは粉チョークみたいに粉まみれにならないので汚れにくいです。

また、コンパクトなので持ち運びも楽♪

ジムによっては液体チョークじゃないと登らせないとこもあるらしいですね。

GEAR AID(ギアエイド) シームグリップ

クライミングシューズって使っていると、ゴムの部分が剥がれてくることがあります。

そんな時は、このシームグリップ!

これはアウトドア用の強力な接着剤で、剥がれたところもばっちりくっつくのでオススメです♪

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した商品は僕が今までジムに通ってきて、あると助かるなと思った物です♪

別になくてもいい物なんですが、あればあったで地味に使い道あるんですよ。

特に始めたばかりの方は、ケガをしやすいので応急処置用で持っておくのもいいと思います。

応急処置グッズがあれば自分の為だけじゃなく、人の為に使えますしね♪

スポーツ系の記事をもっと読む